ワゴンRの購入と魅力

タフで便利な軽自動車のワゴンR

私は、以前平成15年式のワゴンRに乗っていました。このワゴンRは中古で購入したのですが、購入したきっかけは結婚でした。それまで私は、特に車を必要とせず生活をしていました。

 

しかし、結婚をし、スーバーへの大量の買い物をしたりするようになり、街中を走るのに便利な車をと思い、探していました。そして、中古車センターで出会ったのがワゴンRでした。それも、価格が50万円程で、外装内装共に状態も非常に良く、走行距離も比較的少なく一目で気に入りました。

 

しかし、この値段にはやはり理由があったのです。修復歴があったのです。お店の担当の方の話では、修復歴はありますが、走行には全く問題なく、かなりオススメの車ですということでした。その正直で誠実な対応を信じ、即決で購入を決めました。

 

ワゴンRの良いところは、軽自動車であるため街中を走るのには大変小回りが効き、なおかつ後ろのシートがフラット近くまで倒れるので、車体には似合わない大きな荷物を積むことができる点です。
引っ越しの際に不要になった二人掛け用のソファを載せて運んだこともありました。不満な点としては、軽自動車ですので、仕方のないことなのですが、高速道路で高速走行した時のエンジン音のうるさいところです。
妻の実家は、遠方にあり、高速道路をかなりの時間走行して行くのですが、その道中は会話もまともにできない位でした。そのこともあり普通車であればそれも解決できるという点から大変気に入っていたワゴンRを手放すこととなったのです。普通車に乗り換えた今でも、ワゴンRを街で見掛けると、「故障もなくタフで便利な車だったな」と良く話しをしています。

 

愛車のワゴンRの魅力

私は運転免許を取得したのが遅かったのと車を所有するつもりはなかったので、40代の今でも車はまだ2台目なんです。以前は家族の車を借りて乗っていたのですが、それが相当嫌だったようで突然車が我が家にやってきたんです。中古車のスズキセルボモードでした。その車に3年乗ってから、転職を機に新車を購入することにしたんです。

 

しかし、簡単ではありませんでした。お世話になっていた中古車販売店に新古車で探してくれるように希望の車種と予算を伝えて頼んでいたのですが何か月経っても連絡がなくこちらから連絡すると「本気だったの?」と馬鹿にされたんです。

 

腹がたったので、友人に新古車も扱う中古車販売の会社を紹介してもらったのですが何故かその会社にも数か月連絡もなく放置されたんです。

 

悔しいので新古車も値段はあまり変わらないので新車で買おうとディーラー周りをしました。

 

日産に知り合いがいたので軽く見積もってもらったり、本命はダイハツのムーブが欲しかったのでムーブの見積もりももらいましたが予算オーバーで、その上接客の感じも悪かったので諦めました。

 

その後、車の口コミサイトを見たり、雑誌を読んだりしているとワゴンRが軽で一番売れているという評判でした。

 

今でいうホンダのN−BOXくらいの人気でした。早速、スズキに行くと一番感じの良い対応をしてくれたので今までの経緯も話した上で親身になってくれたスズキに決めました。

 

その時に買ったのがワゴンRです。初期不良が多かったのですが、もう10年乗ってます。

 

愛着がわいてしまって買い替えはまだ先になりそうです。